文字サイズの変更

ゆめくる

いろいろな活動を通して、個々のニーズに合った支援を行い、日々の生活に楽しみと充実感を感じていただけるように支援をしてます。

『楽しいな』『また明日も来たいな』と感じていただけるように・・・

『沢山の笑顔』を引き出せるサポートができればと考えています!

生活介護事業所 ゆめくる は、障がいのある方の日常生活全般に渡って必要なサポートをしながら、日中活動の場として、お一人おひとりの状況に沿う形で作品制作や外部業者からの委託作業(主にタオルのたたみ作業、箱折りなどの軽作業)、健康増進のための運動活動、市の委託を受けての近隣の公園清掃、各種課題への取り組み等々の活動を行っています。作業的な活動のみならず生活の中の「お楽しみ」の部分にも繋がる余暇活動にも力を入れ、毎週1回のクラブ活動や月1回の利用者様の自治会活動等、その他温泉や公園へのお出かけ等を行っています。

通所の事業所ですので、日中活動の時間の中で如何に充実して過ごしていただけるか、お一人おひとりの方に適切なサービスを提供できるように支援者個々のアイディアや工夫を支援のかたちに取り入れながら活動の幅を広げていきたいと考えています。

 

ゆめくるイメージ画像
施設名称 ゆめくる
施設所在地 札幌市北区屯田7条9丁目3-1
TEL 011-792-1983
FAX 011-792-1984

事業内容

事業種別
障害福祉サービス 生活介護
利用者数
生活介護( ゆめくる 定員40名 
主な活動内容
○運動活動
○公園清掃活動
○自主課題
○余暇活動
○創作的活動
○生産活動(タオル加工・和紙製造・フェルト作品・キャンドル製造・畑作業)

特徴

≪ゆめくるのご紹介≫

事業種別
生活介護
利用者定員数
40名  
主な日中活動
〇健康活動(体操、ウォーキング、ストレッチ、サーキット運動など) 〇作業活動(委託作業 主にタオルのたたみ、他軽作業(箱折り、パッケージング等、公園清掃、自立課題等) 〇作品制作(和紙製品(はがき、ご祝儀袋当)、木工製品、フェルト作品など) 〇創作活動(絵、書道、工作、季節の飾りづくりなど) 〇レクリエーション活動(カラオケ、公園散策、ドライブ、温泉、おやつ作り等々) 〇季節活動(園芸作業) 〇日常の活動(清掃等)

利用要項

利用できる方
原則として、知的障がいのある方で障害福祉サービスの支給決定を受け、受給者証を交付されている方が対象となります。
主な対象
知的障害支援区分が3以上、年齢が50歳以上の場合は知的障害支援区分2以上の認定を受けた方が対象となります。
利用の流れ
■相談・申請■ 福祉サービスを利用したい、またはその相談をしたい場合は市町村の福祉課、地域の相談支援事業所で相談してください。
サービス利用を希望の場合は市町村の福祉課窓口に申請してください。

■障害支援区分の認定■ 調査員により障害の程度による支援区分を決めるための調査が行われます。

■サービス等利用計画案の作成■ 支援区分が認定されたら、次に相談支援事業所と契約し「サービス等利用計画案」という障害者本人が希望するサービスや、自立または自活して生活することを目指した計画案を作成してもらいます。

■支給決定■ 障害支援区分やサービス等利用計画案に基づいてサービスの支給量や内容が決定し、申請者に「受給者証」が交付されます。

■サービス等利用計画の作成■ 決定された支給の内容を基に相談支援事業所で「サービス等利用計画」を作成し市町村に提出します。

■利用施設での個別支援計画の作成■ 相談支援事業所で作成した「サービス等利用計画」をもとに、利用施設で「個別支援計画」を作成します。

■サービス利用開始■ サービス等利用計画に基づいて障害福祉サービスの事業所の利用を開始します。

■モニタリング(利用計画の見直し■)一定期間の利用後、定期的にそのサービスが適しているか利用状況を聞き取り、サービス等利用計画の見直しを行います。
ゆめくるイメージ画像ギャラリー

MAP・交通案内・お問い合わせ

その他アクセス方法

中央バス「地下鉄麻生駅(北海道銀行横)・新琴似駅前」より屯田線〔01・麻01〕に15分程乗車。「屯田7条10丁目」下車。徒歩2分。

中央バス「地下鉄栄町駅」より栄町・花川線線〔栄19〕に15分ほど乗車。「屯田7条10丁目」下車。徒歩2分。

関連リンク

一般遮社団法人札幌市手をつなぐ育成会バナー
人情味あふれるさっぽろの下町 菊水地区バナー
北海道知的障がい福祉協会バナー
札幌市社会福祉協議会バナー
社会福祉法人朔風(さくふう)

支援団体様

RING!RING!プロジェクトバナー

求人募集