文字サイズの変更

菊水ワークセンター

知的障がい者通所授産施設として「菊水ワークセンター」を、平成5年9月に定員25名で開設しました。

札幌市手をつなぐ育成会(当時、親の会)では、小規模作業所の運営をスムーズに行うために授産施設の設置を運動してきました。その結果、札幌市当局の温かいご理解で旧社会復帰センターを改築していただき、札親会として4つめの法定施設として、知的障がい者通所授産施設として「菊水ワークセンター」を、平成5年9月に定員25名で開設しました。

菊水ワークセンターイメージ画像
施設所在地 札幌市白石区菊水1条4丁目5-1
TEL 011-831-6161
FAX 011-831-6018

事業内容

事業種別
生活介護
利用者数
生活介護(40名)
主な活動内容
○ 化学雑巾やモップの検品と袋詰め
○ ボルト組立、袋詰め加工
○ クッキー、マドレーヌなど菓子類の自主生産
○ 粗品、景品類の梱包等委託作業

特徴

菊水ワークセンターは、社会就労という場を通して利用者個々に適した質の高い作業を体験させることにより、
自分たちの作業が社会と深く係わっていることを認識し、
そのことを通して「働く喜び」を味わい自立と自己実現を自らが目指していくように強力に支援してきました。

知的障がい福祉を取り巻く環境は早いスピードで変化し、措置費制度から支援費制度へ、
さらには18年4月からの障がい者自立支援法施行に伴い障がい者福祉サービス体制は大きく変化し、
福祉サービスを利用する人もサービスを提供する我々事業者も大きな転換期を迎えました。

しかしながら、ワークセンターの支援理念でもある「働くことの楽しさと潤いのある生活」を目指して、
「住み慣れた街で、働き、笑顔でいたい」を念頭に、地域での普通の暮らし、日中活動の拠点として、
さらには「信頼と納得の得られるサービスの提供」を今後も展開していきたいと思います。

作業活動
◆菊水ワークセンター<生活介護事業所>
  • ・ボルト班(物置組み立て部品の袋詰め)
  • ・リースキン班(化学モップ製品加工)
  • ・ボックス班(クッキー・マドレーヌの製造)
  • ◆ライラック<就労継続B型事業所>
     
  • ・菓子の箱入れ、箱折り、ねじナット類の袋詰め)
  • ◆スズラン<就労継続B型事業所・就労移行支援事業所>
     
  • ・タオル製品加工・図書館の清掃
余暇活動
  • 1.リフレッシュ活動
  • 2.一泊旅行
  • 3.日帰り旅行
  • 4.クリスマス会・ボウリング大会

利用要項

利用できる方
18歳以上で障害福祉サービス等の受給者証をお持ちの方
主な対象
知的障がい者
手作り菓子
   (販売商品)
菊水ワークセンターでは、クッキーとマドレーヌを製造しています。体に優しいこだわりの菓子をスタッフ一同、心を込めて作っております。皆様是非、ご賞味ください。
クッキー
北海道小麦100%使用し、ミルク・ゴマ・クルミ・ココアの4種類の味が一袋で楽しめます。
サクサクとした触感が特徴です。
マドレーヌ
北海道産の小麦を100%使用した、ほのかなレモン風味が漂うふっくらと焼き上げた菓子です。添加物、保存料は一切使用しておりません。
1日の
   スケジュール
〇9:00 朝のミーティング

〇9:15 作業(途中15分間の休憩)

〇12:00 昼食・休憩

〇13:00 作業(途中15分の休憩)

〇15:30 後片付け・帰宅準備

〇16:00 退勤
菊水ワークセンターイメージ画像ギャラリー

MAP・交通案内・お問い合わせ

場所:札幌市白石区菊水1条4丁目5-1

地図はこちら

公共交通機関の利用
地下鉄東西線「菊水駅」下車。6番出口より徒歩5分程。

関連リンク

一般遮社団法人札幌市手をつなぐ育成会バナー
人情味あふれるさっぽろの下町 菊水地区バナー
北海道知的障がい福祉協会バナー
札幌市社会福祉協議会バナー
社会福祉法人朔風(さくふう)

支援団体様

RING!RING!プロジェクトバナー KEIRIN.JPバナー